目黒区で相続や生前贈与に強いタックスウェイズ相続について相続人の3つの選択肢

コンテンツ

相続人の3つの選択肢

被相続人が死亡すると相続人は、被相続人の他人に移転しない権利・義務を除く、すべての権利・義務を受け継ぐことになります。こうした相続をすることについて、するかしないかの選択をすることができます。その相続方法には、単純承認・相続放棄・限定承認の3種類の方法があります。

選択肢 説明
単純承認:相続する 被相続人の全ての財産・債務を受け継ぐ
相続放棄:相続しない 全ての財産・債務を受け継がない
限定承認:条件付きで相続する 受け継いだ財産の範囲内で、被相続人の債務を引き受ける

注意点

  • ・限定承認、相続放棄は、相続の開始があったことを知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所への申述が必要
  • ・相続人が、相続財産の全部または一部を処分したときには、自動的に単純承認したものを見なされる
  • ・相続人が限定承認または放棄した後でも、相続財産の全部または一部を隠蔽したことが発覚した時は、単純承認したものとみなされる
  • ・限定承認は、相続放棄者を除く相続人是認がそろって行わなければならず、相続人のなかで1人でも単純承認をした人がいる場合には、限定承認を選択することはできない